診療相談(くび肩.net) 「投稿の注意」@ホームも見てください


[返信する記事] 削除パスワード:
セカンドオピニオン、またはしばらく様子見 No.[225]
投稿者:じわっ [URL] 投稿時間:2006/01/16 [月曜日] 01:27:15
1)MRI は、骨、椎間板、脊髄、水分(脳脊髄液)などを多くの断
面で切って示すことができます。欠点は高価(本人負担8千円弱)
であることです。
2)レントゲンは、骨の影(だけ)を見るので、情報量は少ないの
ですが、頸椎の間隔が狭いなどがあると、ヘルニアであることを推
定することはできます。高くありませんが、放射線を浴びます。

…粘嵌張悒襯縫△任呂覆、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群かも知
れない。ヘルニアなら、くびの後屈制限、痛みがある方が普通で
す。牽引はさほど有効ではないかも知れません。
椎間板ヘルニアだとしても、どの程度(外科手術を要するのか)
なのか、
などのことを検討するためには、セカンドオピニオンを求めること
も良いかと思います。そのためには、MRIも必要となるかも知れま
せん。
仮に、椎間板ヘルニアや他のもの(上記)だとしても、安静・休息
が充分であれば、症状がやわらぎ、消えるかも知れません。待って
みて、発症から3ヶ月くらい経っても改善が無いなら、受診される
ということでもいいかも知れません。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: