診療相談(くび肩.net) 「投稿の注意」@ホームも見てください


[返信する記事] 削除パスワード:
肩は無理をしない No.[405]
投稿者:じわっ [URL] 投稿時間:2006/07/26 [水曜日] 16:57:41


五十肩(肩関節周囲炎)は、良くある病気なのに、まだ原因も起きてる
ことも解明されていません。1、2週間の激烈な痛み、2、3ヶ月の動
かすと痛い時期、数ヶ月の運動の範囲が狭い時期、というのが典型と
されています。症状の酷いものには、肩腱板(肩甲骨の前後の筋肉の腱
が薄くなって関節の狭いところをくぐり、上腕骨につく)損傷を含むよ
うです。せんなりさんには無いと言われた「石灰沈着性腱板炎」も、五
十肩のほんの一部です。病院やハリ、マッサージなども受けない軽度の
もので、自己診断で「五十肩」としているものもかなり多く、多分、は
っきりした境界もないと思います。

「動かさないと固まる」は、あまり心配することはありません。寝たき
りや、マヒの場合は、そのおそれがあるので多少動かすことも必要です
が。肩は、動かすのがかなり難しい関節です。痛くない範囲で、焦らず
にやってください。指は、痛い時期に無理をすると、腱鞘炎になり治ら
なくなるおそれがあるので、できるだけ安静にしてください。

左について、肩だけでなく、4、5指(尺側)の症状もあるそうですが、
他に、前腕、肘、上腕(特に後内側)や、くび、鎖骨部あたりにも、痛
み、コリ、違和感などがあるでしょうか。肩だけの問題でなく、あるい
は肩のせいで続発的に、「それらのリンパ管経路に鬱滞、関連する筋肉
の腫れ、痛み」が起きているのではないかとも思います。そのすじみち
に沿って治療(低出力レーザ光なと)して改善することがあります。疲
労、ストレス、睡眠不足、リズムの乱れ、ホルモンの乱れ、天候・温度
など環境の変化なども悪化要因です。
お近くなら、ご受診ください。

甲状腺は、機能亢進も、低下もやや悪化要因です。体内ホルモン環境の
変動に、自律神経が対応しきれず、変調を来し、循環不全になると考え
られます。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: