診療相談(くび肩.net) 「投稿の注意」@ホームも見てください


[返信する記事] 削除パスワード:
関節クリック音他 No.[755]
投稿者:渡辺譲二 投稿時間:2009/01/02 [金曜日] 02:00:24
関節の動きで音がする(多くは単発)症状は、軽度のうちは、周囲の筋
肉の緊張が強く、締め付けがきついためなめらかな動きにならず、関節
液の移動もスムーズでないためなどと考えられています。だからといっ
て「ムダな力を抜く」など、努力で解決できるものではなく、リンパ管
鬱滞による組織の腫れ・固さ、疼き、痛み、違和感があるための反応な
ので、そちらを解消することが本質的です。エラ(下顎角)のすぐ後下
に、関連するリンパ節があります。ガムを噛むなどいつも軽く動かす、
就寝時にマウスピースを挟むなどで、緊張を緩和することもプラスでは
あります。
耳の諸症状(耳鳴り、閉塞感、めまい他)を引き起こすのは、主に耳の
後ろの乳様突起の下のリンパ節の経路で、顎とは同一ではないものの、
ごく近くでもあり、一緒に悪くなることも多いようです。また、いずれ
も、肩から背中、または腕・手ともつながっており、症状も密接に関連
します。
顔、頭部のリンパ管鬱滞は、胴体や手足に比べると、眼、鼻、口、耳な
ど特殊な器官があるので、症状が多彩ですが、起きていることは同じで
、治療もほぼ共通です。特に頭痛や眼の痛みは生活上の支障が著しいの
で、‘部症状の軽減は最優先です。頸まわりや前頸部・喉周囲は、リ
ンパ循環のカナメやゴールなので重要です。また、背中から腰にかけ
て脊柱まわりは、痛みが軽くても強い全身疲労・倦怠感のもとになるの
でやはり重視です。8・腕・手、腰・あしの痛みも、強い場合はもち
ろん優先します(逆に言えば、少しガマン可能な場合は´△先)。
ひろさんのケースでは、後頚部・背中の強い症状がやや軽減し、今は、
少し波乱の時期かと思います(つまり治癒への途上)。疼痛症状がやや
軽くなると、全ての循環(動静脈・リンパ)が活発になり、組織間液(
リンパ管が排泄を担当)も増え、楽になった分身体活動も増えるなどし
て、リンパ循環の負担も増加するので、他の部位にも鬱滞が現れます。
その結果、疼痛症状が出るのは、やはり少しは悪い場所でもあり、いず
れは治療を必要とします。軽い場合は2−4日程度で気にならなくなりま
す。治療院(ハリ、マッサージ)、自分での小型マッサージャー(電動
歯ブラシ)、エレキバン、お灸などは、わずかでも的はずれの場合や、
中途半端になったりすると却って一時的悪化を感ずることもあります。
入浴や温め、軽い運動、ストレッチなどは、無難です。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: