診療相談(くび肩.net) 「投稿の注意」@ホームも見てください


[返信する記事] 削除パスワード:
痙性斜頚の原因・治療 No.[847]
投稿者:渡辺譲二 投稿時間:2011/05/30 [月曜日] 08:33:26
診断は、症状からほぼ確定できるので間違いないとおもいます。当方は
、以下の諸点で、他医療機関と大きく異なります。:(A)原因について
の考え方(後述)、(B)治療方針 …秉侘魯譟璽狂治療、特に側頚部
のごく局所のコリと、他ケース毎に異なる特定のコリ(肩−腕、腰、顎
など)を狙う、▲椒肇奪ス注をしない、クスリ(強い抗てんかん薬
は使わない。リボトリール、デパス、レキソタンなどが症状軽減に役立
つことあり)ぐ太鼎詫効だが必須ではなく、休んでいるだけでは、期
待できない。
------------------------
当方は、決して「痙性斜頚」を専門とするわけではなく、充分な自信が
あるわけでもありません。しかし、残念ながら他にお勧めできるところ
がありません。数年前は、他に大学医学部などいくつかのWebサイトがあ
ったのですが、やめてしまいました。症状改善・治癒は、充分に可能で
すが、予測はなかなか難しいものです。
------------------------
私の考える原因は以下:「側頚部深部のコリ(局所循環障害)から、細か
い精確な動きが不安定になり、その震え・不安定を抑えつけるために表
層の大きい筋肉に力が入ってしまう」、それに加え、「腕・肩や腰、顎
などの強いコリが引き金になったり、連動することがあり(要治療)」
「疲労、体調不良、心理的緊張も悪化要因になる(ただし全てではない
)」
他方、一般には、斜頸はジストニアという、高次中枢神経(大脳基底核
群)異常によるとします。脳手術、強く中枢抑制する(極度に眠い)、
などが方針となるが、実際的ではない。
ボトックス注は、アメリカでは6割程度の改善成績があるそうですが、
局所の筋肉をマヒさせる方法は、「中枢異常」説と矛盾する、△匹龍
肉を狙うかなど、手技に強く依存する(外せば意味がない)などの問題
点があります。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: