療養相談 治療中の疑問 書き込み用ID零六エーユージー


[返信する記事] 削除パスワード:
クスリよりも、局所の具体的治療 No.[316]
投稿者:芝大門クリニック・渡辺譲二 投稿時間:2015/11/25 [水曜日] 23:24:22
頸肩腕症候群など慢性疼痛疾患に対して、私・当院の治療方針は、=
痛部位・関連部位などの低出力レーザー光治療、▲スリ、0太邸Φ
養、の3つです。
クスリだけでは、改善はあまり進まないし、クスリ無しで、,世韻任
充分に治癒・大改善を期待できます。また,癲△修隆鏘颪鰺僂い譴侘
いというわけでもないので、当院での治療以外には、今のところお薦め
できるところはありません。
ということで、クスリの位置づけはかなり低いのですが、お薦めは、1
)ノリトレン、ノイロトロピンなど。 2)一時的症状緩和(治ってい
く、ではなく)のためにデパスなどの抗不安薬。3)ロキソニンなどの
抗炎症鎮痛剤は一時的でしかなく、胃を荒らすために胃粘膜保護剤も必
要になるなど、問題も多い。4)ビタミン剤(メチコバールやビタミン
B複合剤)は、症状緩和も治療効果もほとんど無い。5)筋弛緩剤(ミオ
ナール、テルネリンなど)も、効果がほとんど無く、脱力・だるくなる
など副作用は出るので、薦めません。3)−5)が否定的な見解なのは
、あくまで「当院での治療経験上からの感想」です。しかし効果がある
という科学的データ・根拠もありません。以上の方針は、5年前にはすで
に確立していたとは思いますが、説明不十分だったかも知れません。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
アイコン:
書込み用ID:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: